HOME > ブログフルルミ > アーカイブ > 2017年5月

ブログフルルミ 2017年5月

DNA栄養学ランチ会をしました













昨日、大江1丁目のプティカフェさんでDNA栄養学ランチ会を行いました。
まず、荒木晴美先生の「眠れそうなくらいリラックスしたヨーガ」から。
ゆっくりと自分のペースで体を動かし、身体も心もリラックスしたところでDNA栄養学のお話。

つい最近「DNAダイエットコース」を始められたお客様も参加されました。

DNA解析をすると、知らなかった自分のことを良く知ることができます。

そして、
今の食事内容でいいのか?
この運動で痩せることができるのか?
自分に合ったダイエット方法はどれなのか?
サプリは何をどのくらいとればいいのか?…
などがわかります。

DNA解析をしてDNA栄養学を知ると、

ステーキ、かつ丼、ハンバーグなども罪悪感なく食べられるようになり
食事や料理も楽しくなり、
毎日の食事が変わり、
メンタルまでよくなります。

そして、毎日健康で笑って過ごせるようになります。

回り道なしで、美と健康が手に入り、周りの大切な人も幸せにすることができるようになります。

私は、心からこのDNA栄養学に出会えてよかったと思います!
そして、もっともっとたくさんの方に伝えていきたいです!

サロンでも」紹介しますが、ランチ会を2か月おきぐらいに開催していきたいと考えています。
興味のある方~、ランチ会に参加してくださいね。


腸を整えて、体調を整えましょう!



長いゴールデンウイークが終わり、通常の毎日に戻りました。
フルリール&ルミナスも5/4・5の二日間お休みをいただき、
私たちスタッフ2人もリフレッシュできました。

お休みが長くて生活サイクルが変わったり、外出や旅行で食事時間や食べ物が偏ったりで、
便通が悪くなった、お腹が張ってスッキリしない・・・などと、ちょっと不調になってる方
もおられるのではないかと思います。

それは…  腸内環境が悪化したため  かもしれません。

腸活で、腸内環境を整え、動きを良くして、体全体のコンディションをアップしまましょう!



【腸活の方法】
その1.規則正しい生活をする。

    ①朝起きて、コップ1杯の水を飲む。
     →胃腸反射が働き、胃にものが入ることで胃の重みで腸が刺激され動き出す。
    ②朝食をきちんと摂る。
     →量は少なくても良いので、胃にものを入れる習慣をつくる。
    ③朝起きて太陽の光を浴びる。
     →自立神経を活性させる。
    ④トイレに行く習慣をつける。
     →最低10分でもトイレに行って座ることが大切。 
    ⑤リラックスする時間を作る。(特に寝る前の時間を大事にする)
     →腸はリラックスした時に動く特徴を持っている。
    ⑥入浴する。
     →1日1度は、お腹を温めてあげることでお腹の動きがよくなる。全身の代謝や
      体温が上がる効果も期待できる。
    ⑦腸のゴールデンタイムには就寝する。
     →夜中0時を過ぎたら、腸がゆっくり動き始める。なるべく3時間前には食事を済ませる。
その2腸に良い食事を摂る
    ①発酵食品を施積極的に摂取し、乳酸菌など良い菌を腸内へ入れて、善玉菌を増やす。
    ②オリゴ糖や食物繊維など善玉菌のエサになるものを摂取し、善玉菌を増やす。
    ③食物繊維の多いものを摂取する。

     →便秘の人は水溶性食物繊維が多いものを摂取する。(不溶性食物繊維はお腹に詰まってしまうため)
    ④温かい食事を食べる。
その3.腸に刺激を与える
    ①体操やランニング、ストレッチをして腸に刺激を与える。激しい運動よりも副交感神経を優位にする
     散歩などが効果的。
    ②腹式呼吸をする。
    ③お腹のマッサージ(30分以上おこなうと、運動した時と同じように蠕動運動がおこるといわれている)


   そんなに、難しいことではないと思いますが、一度に全部では続かないので、何か一つづつでも
   美腸生活を続けてみましょう!



   

 




 


1

« 2017年4月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

このページのトップへ