HOME > ブログフルルミ > アーカイブ > 2019年3月

ブログフルルミ 2019年3月

花粉症対策は『腸』のケアで

こんにちは。

 

昨日と変わり、今日は朝からいい天気sunですね!

 

気分は良いけど、とても気になる日…花粉が・・・

「花粉情報」によると、明日が花粉が非常に多い とのこと。

花粉症の方は憂鬱・・・ですよね。

 

花粉症がどのようにして起こるかというと
1.体の中に「花粉」という「異物(アレルゲン)」が侵入し、
それを受け入れるかどうかを体が考えます。
2.排除すると判断した場合、体はこれと反応する物質「IgE抗体」を
つくる仕組みをもっています。
3.抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、
鼻や目の粘膜にある「肥満細胞」の表面にある抗体と結合します。
4.その結果、「肥満細胞」から「化学物質(ヒスタミンなど)」が分泌され、
花粉をできる限り体外に放り出そうとします。
そのため、くしゃみ、鼻水や涙で洗い流すなど体の中に入れないような
防御する症状が出ることによって起こります。

 
腸内環境が悪いと花粉症が起こりやすくなります

花粉症の原因のひとつは腸内環境の悪化だと言われています。
腸には体内の免疫細胞の7割が集まっています。
免疫機能は腸の環境によって大きく左右されるので、
腸内環境を整えておくことは、免疫機能を高めることにも繋がります。

腸内環境を整えるためには、
1「乳酸菌」などが含まれる発酵食品を多めに摂ること
 腸内の細菌バランスを改善し、腸粘膜の免疫力を高めるだけでなく、
 鼻粘膜の免疫機能を整える効果も期待できます。
・キムチやぬか漬け ・味噌 ・納豆などがオススメです。

2.水溶性食物繊維やオリゴ糖を摂って善玉菌を増やしましょう!

  水溶性食物繊維・・・ネバネバ食品です…オクラ、わかめ、昆布、メカブ、キウイなどに多く
           含まれます。

  オリゴ糖・・・・・・ハチミツ、バナナ、玉ねぎ、菊芋 など

3.腸のデトックス効果のある春野菜を摂る

  花粉症対策には腸のデトックスも重要です。

  春野菜には、冬に溜め込んだ老廃物を体から排出しやすくしたり、
  寒さで代謝が滞りがちだった体を回復させる成分が多く含まれています。
  菜の花やふきのとう、ウドなどに含まれる苦味成分や、春キャベツに含まれる
  ビタミンU(胃腸を整える働き)、そしてたっぷりの水分と食物繊維やカリウムが、
  デトックスを促します。

4.ストレスをためずに自律神経のバランスを良くして過ごしましょう

  睡眠不足や疲労、飲酒などで体調が悪くすることで
  花粉症の症状を悪化させることもあります。

  気分転換をしたり、ゆっくりと休養をとるなどして体調を整えましょう♪


腸のケアで、花粉症に負けない体を作り、毎日を快適に過ごしましょう~


美腸プランナー3級講座

昨日は、定期的に開催している

「美腸プランナー3級講座」でした。


 

受講していただいたのはお一人でしたが、

ゆっくりと楽しく講座を行うことができました。

 

美腸プランナー3級講座は、
*腸についの基本的な知識・・・腸のつくり、長さ、役割など
*なぜ腸が大事なのか…最近腸が注目されている理由
*腸内環境を良くするための3つのステップ

について、約1時間程度で学びます。

そして、最後に簡単なテスト☆を行い、合格された方は

「美腸プランナー3級」の資格、そして美腸プランナー2級受講資格が得られます。

資格取得については


1

« 2019年2月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ